« 「ストロベリーナイト」を読みました | トップページ | 「スロウハイツの神様」を読みました »

「Cの福音」を読みました

Cの福音 (角川文庫)

買ったきっかけ:
「悪人」が主人公という謳い文句。なんだかハードボイルドっぽい題名に作者名。

感想:
アメリカで天涯孤独になった朝倉恭介が「悪」の世界の階段をあがっていく。恭介が発案した麻薬の密輸方法は律儀な日本人の性格を利用し、関税法の盲点をついたもの、だったらしい。この方法は続くシリーズの本の中でもやたら絶賛されるけど、いまいちスゴイ計画なのか分からない。

第一、「鸚鵡」と呼ばれる情報提供者を荷主会社内に作って積荷の情報を流す(この情報抜きには計画は成り立たない)けれど、「鸚鵡」が日本の警察に麻薬所持で捕まるリスクが高すぎるし、第二に、メールのやり取りが残っていていくらサーバを経由したとしても、事が起きた時に本書にある様に「とかげのしっぽ切りの様にするりと」逃げられるとは思えない。

いじいじと文句を言ってみたけど、読み始めるとシリーズを読ませてしまう力のある本だと思う。読んでいると知らぬ間に恭介サイドで考えてしまっていたり。覚せい剤を国内に持ち込む悪いやつなのに!

Cの福音 (角川文庫)

著者:楡 周平

Cの福音 (角川文庫)

|

« 「ストロベリーナイト」を読みました | トップページ | 「スロウハイツの神様」を読みました »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「Cの福音」を読みました:

« 「ストロベリーナイト」を読みました | トップページ | 「スロウハイツの神様」を読みました »