« 最近読んだ本(備忘録) | トップページ | 「ダイイング・アイ」を読みました »

笠井潔の矢吹シゲルシリーズ

バイバイ、エンジェル (創元推理文庫) Book バイバイ、エンジェル (創元推理文庫)

著者:笠井 潔
販売元:東京創元社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

サマー・アポカリプス (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書) Book サマー・アポカリプス (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)

著者:笠井 潔
販売元:東京創元社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

オイディプス症候群〈上〉 (光文社文庫) Book オイディプス症候群〈上〉 (光文社文庫)

著者:笠井 潔
販売元:光文社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

哲学者の密室 (創元推理文庫) Book 哲学者の密室 (創元推理文庫)

著者:笠井 潔
販売元:東京創元社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

推理小説・・・・なんだけど、そこへ入ってくる哲学のボリュームが大。子犬くらいかな?と思ったら象で「ありえな~い」と頭の中で連呼しつつ巨象に挑んで読み進む。愛娘に捜査状況をペラペラ教えちゃう警部も、ストイック且つ完璧主義過ぎてリアリティがない(読みながら想像してたらペラペラの2次元のカケルになってしまった)カケルといい、巨象と人物がなんだかバランスが違いすぎて読みなれず苦戦した。

とか言いながらなんだか惹かれてシリーズを読む。自分にないものに惹かれるから?カケルは一日に「わずかなパンと野菜屑」しか口にしない。お気に入りの本を読みながらお菓子を食べるのが何よりの幸福な(行儀悪いけど)私にはとてもじゃないけど真似できない。

ハードボイルドでも「朝はカリカリのトーストとコーヒーと決めている」だの「オレンジをひとつ搾って飲む」だの、ストイックな描写に格好いいなぁ、とひかれる。

シリーズ以外の本に手を出すにはしばらく充電期間が要るかな。

|

« 最近読んだ本(備忘録) | トップページ | 「ダイイング・アイ」を読みました »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 笠井潔の矢吹シゲルシリーズ:

« 最近読んだ本(備忘録) | トップページ | 「ダイイング・アイ」を読みました »