« 「凶犯」を読みました | トップページ | 「怪人二十面相・伝 」を読みました »

「十面埋伏」を読みました

十面埋伏〈上〉
Book
十面埋伏〈上〉
著者 張 平
販売元 新風舎
定価(税込) ¥ 1,890
十面埋伏〈下〉
Book
十面埋伏〈下〉
著者 張 平
販売元 新風舎
定価(税込) ¥ 1,890

内容(「BOOK」データベースより)
九月九日午後 古城刑務所 第五面談室凶悪な受刑者・王国炎の口から繰り出される中国全土を震撼させた数々の重大な未解決事件の“詳細”―。デタラメとして一蹴する幹部たちだったが刑務所捜査官・羅維民は本能的にその重要性を嗅ぎ分け、事件解決に向かって動き出す―。ベストセラー大賞、金盾文学賞、中国図書賞、中国三大文学賞受賞作品。

「凶犯」の張平作品。またもや腐敗権力に立ち向かう話。今度の舞台は刑務所。「まっとうな」刑務所所員の羅維民は上司に報告するものらりくらりとかわされたり、逆に叱責される。もっと上に報告すればよいのか、公安という別組織に告発すれば良いのか・・・・もがき苦しむ内に刑務所内は所長を含め”どこまで、誰が敵か分からない十面埋伏の状態”になる。

凶悪犯のはずの受刑者・王国炎は何故終身刑から15年の刑期に短縮され、「あと2,3年で出る」と豪語するのか。その謎の答を追う内に刑務所内はおろか、政界、実業界、公安にまでまたがる巨大な犯罪組織が姿をあらわす。

終盤、カーチェイスや爆破など映画化を予想したかの様な「見せ場」があるけれど、誰が敵か分からない・・・・どこまで闇か分からないところが一番怖いと思う。

|

« 「凶犯」を読みました | トップページ | 「怪人二十面相・伝 」を読みました »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「十面埋伏」を読みました:

« 「凶犯」を読みました | トップページ | 「怪人二十面相・伝 」を読みました »