« 「床下仙人」を読みました | トップページ | 「打ちのめされるようなすごい本」を読みました »

「火の粉」を読みました

火の粉 (幻冬舎文庫) Book 火の粉 (幻冬舎文庫)

著者:雫井 脩介
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

内容(「BOOK」データベースより)
元裁判官で、現在は大学教授を務める梶間勲の隣家に、かつて無罪判決を下した男・武内真伍が越してきた。愛嬌ある笑顔、気の利いた贈り物、老人介護の手伝い…武内は溢れんばかりの善意で梶間家の人々の心を掴んでいく。手に汗握る犯罪小説の最高傑作。

犯人が分かってながらページをめくらずにいられない本ってあんまりないかも。ただの「キレる知能犯」というだけでなく、”死刑”判決を下す裁判官の心の迷いの問題がベースにあるので「深い」本になっていると思う。

ただ、最後の武内のキレっぷりが強引で唐突な気がした。いや、数々の取材を作者はしてるだろうし、実際の犯罪も「信じられない」キレっぷりの方がケースが多いのかもしれない。

推理小説でちょっと重めのものが好きな人にはおすすめかな。

|

« 「床下仙人」を読みました | トップページ | 「打ちのめされるようなすごい本」を読みました »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「火の粉」を読みました:

« 「床下仙人」を読みました | トップページ | 「打ちのめされるようなすごい本」を読みました »