« また妊娠 | トップページ | 毎回違う「つわり」 »

「制服捜査」を読みました

制服捜査 Book 制服捜査

著者:佐々木 譲
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

内容(「BOOK」データベースより)
警察官人生二十五年。不祥事をめぐる玉突き人事のあおりで、強行犯係の捜査員から一転、単身赴任の駐在勤務となった巡査部長の川久保。「犯罪発生率、管内最低」の健全な町で、川久保が目撃した荒廃の兆し、些細な出来事。嗅ぎつけた“過去の腐臭”とは…。捜査の第一線に加われない駐在警官の刑事魂が、よそ者を嫌う町の犯罪を暴いていく、本物の警察小説。(2006/3/23)

移動で駐在所の「制服」警官になった川久保。赴任先の町は「事件の起こらない町」という事だけど、しょっぱなから地元有力者がお酒を持って訪ねて来るし、酔った所にかかってきた「息子がいない」という電話には有力者が電話口にでて「そんなことでかけてくるな」と切ってしまう。・・・・何やら町の空気の澱んでいるのを予感させる始まり。

短編が5つ。じわりじわりと川久保が町の澱みにあるものを暴いていく。それがハードボイルドで結構格好いい。能力があるのに機械的人事で刑事課の第一線を外される警察機構の体制の問題はあるけれど、自分の住む所の駐在さんには川久保の様な駐在さんがいてくれたらいいな、と思う。

うちの地元の駐在さんは結構よく巡回してくれるけど、いつも定年間際のおじいさんばかり。これが現実なんだろうな。

読み応えがあってなかなか面白かった。シリーズ化しても良さそう。

|

« また妊娠 | トップページ | 毎回違う「つわり」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「制服捜査」を読みました:

« また妊娠 | トップページ | 毎回違う「つわり」 »