« ビリーズ・ブート・キャンプ7日目 | トップページ | 「ボーダーライン」「ストロボ」読みました »

「奪取」を読みました

奪取〈上〉 Book 奪取〈上〉

著者:真保 裕一
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

出版社/著者からの内容紹介
偽札をつくりあげた者が勝利者となる!傑作長編
1260万円。友人の雅人がヤクザの街金にはめられて作った借金を返すため、大胆な偽札作りを2人で実行しようとする道郎・22歳。パソコンや機械に詳しい彼ならではのアイデアで、大金入手まであと一歩と迫ったが…。日本推理作家協会賞と山本周五郎賞をW受賞した、涙と笑いの傑作長編サスペンス!

面白かった!久々にぐいぐい引き込まれた。偽札作りの工程もオタクの本領発揮で一つずつ難関をクリアしていく。主人公や仲間、敵もそれぞれ魅力たっぷり。「金儲け」の為ではない偽札作り・・・・という所に矛盾点はあると思うけど、それをクリアして余りある魅力が本作品にはあると思う。

裏切りにもあう。その時の主人公の態度が潔くて好き。そして人に当たるよりも今その時点(主人公は常にタイムリミットをきられてるから余計に)で出来る事を全力でする、そんな所にとてもひかれた。

「何か面白い本ない?」と聞かれたら教えてあげたくなる本。

真保裕一さん、また何冊か読んでみよう。・・・・・でも、後悔。「奪取」最後の楽しみにとっとけば良かった。。。

|

« ビリーズ・ブート・キャンプ7日目 | トップページ | 「ボーダーライン」「ストロボ」読みました »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「奪取」を読みました:

« ビリーズ・ブート・キャンプ7日目 | トップページ | 「ボーダーライン」「ストロボ」読みました »