« 「マイナス・ゼロ」を読みました | トップページ | 「黒い仏」「鏡の中は日曜日」を読みました »

「廃用身」「破裂」を読みました

廃用身 Book 廃用身

著者:久坂部 羊
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

内容(「BOOK」データベースより)
廃用身とは、脳梗塞などの麻痺で動かず回復しない手足をいう。神戸で老人医療にあたる医師漆原は、心身の不自由な患者の画期的療法を思いつく。それは廃用身の切断だった。患者の同意の下、次々に実践する漆原を、やがてマスコミがかぎつけ悪魔の医師として告発していく―。『破裂』の久坂部羊の、これ以上ない衝撃的かつ鮮烈な小説デビュー作

ううむ。。何とも言えない重たい読後感。回復しない手足を切断し介護の際負担となる体重を物理的に削ろうという「Aケア」。最初は引け腰だった漆原の周りの介護士達も、術後介護の負担の減った家族と被介護者の関係の修復や、意外な効果に少しずつ「Aケア」を推進する方向へ流れていく。

この意外な効果というのは、手や足を切断した患者の他の身体機能があがったり、性格が良くなったり(かなり抽象的だけど、人の話を聞ける様になったり、と例示されてた)するという事。本の中では切断した事により、残りの部位に流れる血流が増える為ではないか、と書かれている。なる程。。

怖かったのは段々「Aケア」推進に流れていくところ。「切断」ではなく「Aケア」という造語を使うことにより、その流れは急速に速まったように思う。名前の持つ力、恐ろしさを感じる。

後半、漆原は「悪魔の医師」とマスコミに糾弾され、本当に患者の為の廃用身の切断だったのか疑問視されていく。前半では神様の様だった漆原医師がボロリボロリと身を剥がされ、問題はどんどん深い闇にもぐっていくかのよう。

フィクションである事は分かって読んだけど(そりゃ、こんな切断が実際行われてたら大騒動だろうし)それでも将来、この発想を持つ医師が現れないとは言い切れない。それに何もしなかったら介護の問題も解決はしない。

読み終わった後、大きな課題を渡されたかの様な感じ。重いけど、やっぱり読んでおいて良かったかな。

破裂 Book 破裂

著者:久坂部 羊
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

内容(「BOOK」データベースより)
医者の診断ミスで妻を傷つけられた元新聞記者の松野は、“医療過誤”をテーマにしたノンフィクション執筆を思いつく。大学病院の医局に勤務する若き麻酔科医・江崎の協力を得て、医師たちの過去の失敗“痛恨の症例”や被害患者の取材を開始した。その過程で、「父は手術の失敗で死んだのではないか」と疑念を抱く美貌の人妻・枝利子が、医学
部のエリート助教授・香村を相手に裁判を起こす。が、病院内外の圧力により裁判は難航。その裏で医療を国で統制しようと目論む“厚生労働省のマキャベリ”佐久間が香村に接触を始める…。枝利子の裁判の行方は?権力に翻弄される江崎と松野の運命は?そして佐久間の企図する「プロジェクト天寿」とは?大学病院の実態を克明に描き、来る日本老人社会の究極の解決法まで提示する、医療ミステリーの傑作。

「ぴんぴん生きてぽっくり死ぬ」。誰だって苦しいのも痛いのも嫌だろうし、死ぬのは初めてだし(当たり前だ)ぽっくり死にたいと思っていると思う。誰でも持つであろう恐れを利用して(としか思えない)高齢者をまとめて片付け、高齢化社会の問題をなくしてしまおう、と目論む厚生労働省”佐久間”

一方で医療過誤を取材するジャーナリスト松野と麻酔医の江崎。その中でエリート心臓外科医香村を告発することになる。「ぴんぴんぽっくり」に香村の研究や江崎の麻酔医としての働きを必要とした佐久間の様々な魔の手が伸びる。

前半の”佐久間”の悪役ぶりは周到で憎憎しくて読み応えがある。なのに中盤以降は実力行使に出てみたり、激高して意味も計算もなく当り散らしたり「・・・・こんな事で感情をあらわにしてしまう人が本当に人を動かせるの?」と思ってしまう。「白い巨塔」の財前五郎は権力に固執したけれど、何かもっと人を魅了するものを持ってた。それが佐久間にはないんだよなぁ。。悪役として度量不足というか。

それにしても前半の医療過誤の例は怖すぎる。著者が医者という事で妙なリアリティがあるし。そりゃ、医者も人間だし失敗もするだろう。でも失敗があった時のセーフティネットを(もちろん患者救済の為の)準備する努力をするなら分かるけど、「失敗ごときで医者が退職に追い込まれていたら、腕のいい医者はできない」と開き直る風潮が実際にある様に本書を読んでると思えてきた。医者は腕も人格も備わった人がなって欲しいなぁ。。。(願望)

なんだか読後救われない様な気分になるのは前作「廃用身」と同じ。医療裁判の難しさなどは良く分かるけど、「白い巨塔」を超えてはない気がする。。

|

« 「マイナス・ゼロ」を読みました | トップページ | 「黒い仏」「鏡の中は日曜日」を読みました »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「廃用身」「破裂」を読みました:

« 「マイナス・ゼロ」を読みました | トップページ | 「黒い仏」「鏡の中は日曜日」を読みました »