« 「夫婦茶碗」を読みました | トップページ | 「マイナス・ゼロ」を読みました »

「キマイラの新しい城」を読みました

キマイラの新しい城 Book キマイラの新しい城

著者:殊能 将之
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

出版社/著者からの内容紹介
事件発生は750年前!古城の密室に石動戯作が奇抜な演出で挑戦する!
この話を書けるのは殊能将之の他にいない!
「私を殺した犯人は誰なんだ?」欧州の古城を移築して作られたテーマパークの社長が、古城の領主の霊に取り憑かれた!? 750年前の事件の現場状況も容疑者も全て社長の頭の中にしかない。依頼を受けた石動戯作(いするぎぎさく)も中世の人間のふりをして謎に迫る。さらに、現実にも殺人が! 石動はふたつの事件を解明できるか!?

そらそうだ。キャッチコピーの通りこんな話殊能将之の他に誰が書くもんか。またまたミステリーなのか?という話。今回はテーマパーク社長に取り憑いた古城の領主がイケてるおじいちゃんぶりを遺憾なく発揮する。冷静に(あるいは冷酷に)読むと、「それはナイ。いくら亡霊だからってそんなのトリックに使っちゃおしまいよ」なんて言いたくなるけど、老人力バリバリの社長(領主)の活躍と石動の相変わらずのすっとぼけに、ツッコミを入れる気が失せてくる。これも作者の計算のうち?

「西之園萌絵シリーズ」の森さんの本で、トリックが「そうです!この殺人は建物を建てる前から計画され、その仕様で建てられていたのです!」なんてオチがあってひっくり返った事があったけど、それと似てるので読後怒り出す人もいるかも。

サクッと読めるし、読後感もまぁまぁだけど、あまり印象には残らない一冊かも。

最近、松本人志の映画「大日本人」を殊能さんが酷評して話題になっているらしい。ブログで見たけど、酷評は酷評でも愛がある気がするなぁ。そう、なんか本の方にも愛があるから許せちゃうのかな。

|

« 「夫婦茶碗」を読みました | トップページ | 「マイナス・ゼロ」を読みました »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「キマイラの新しい城」を読みました:

« 「夫婦茶碗」を読みました | トップページ | 「マイナス・ゼロ」を読みました »