« 手術 | トップページ | 「太公望」を読みました。 »

「第六大陸」を読みました。

第六大陸〈1〉 Book 第六大陸〈1〉

著者:小川 一水
販売元:早川書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

内容(「BOOK」データベースより)
西暦2025年。サハラ、南極、ヒマラヤ―極限環境下での建設事業で、類例のない実績を誇る御鳥羽総合建設は、新たな計画を受注した。依頼主は巨大レジャー企業会長・桃園寺閃之助、工期は10年、予算1500億、そして建設地は月。機動建設部の青峰は、桃園寺の孫娘・妙を伴い、月面の中国基地へ現場調査に赴く。だが彼が目にしたのは、想像を絶する苛酷な環境だった―民間企業による月面開発計画「第六大陸」全2巻着工

表紙を見て苦手と思う人もいるかも。SFってなんか読む気しないって思う人もいるかも。

でもでも、この本はちょっと「超え」て面白い!SFって中学生の時、友達のお姉ちゃんに新井素子を借りて読んでから読んでなかったけど、評判を読んで挑戦して良かった。

御鳥羽総合建設という大会社の若手社員、青峰くんが月面基地建設の巨大プロジェクトに奮闘する。この青峰くんがスッキリ爽やか好青年。仕事が出来ても驕りもせず、男友達や仕事仲間に愛され、緊急事態でも何やらうまくいく。今や大リーガーの松坂くんが野球の神様に愛されてるとしか思えないのと同じ感じ。

読んでいくと月面基地だって有り得るのでは??と思わされる。すごくリアリティがある。ただ、施主さん(当然大金持ち)の孫娘の妙ちゃん。彼女にはリアリティなさ過ぎ。(笑)もし、本の内容が面白くなければ、この妙ちゃんのアニメっぽさで読むのをやめたかもしれないけど、この本の場合、中身の面白さが勝ってる気がする。(ぎりぎりセーフ?)

本当の悪人が出てこないし、青峰くんや妙ちゃんに至っては100%ピュア!(う、恥ずかしい)という感じ。それが嫌味なく読めるのはやっぱり内容が面白いからだと思う。読後感も爽やか。ちょっといつもと違う本読みたいな、という人におすすめ。

|

« 手術 | トップページ | 「太公望」を読みました。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「第六大陸」を読みました。:

« 手術 | トップページ | 「太公望」を読みました。 »