« 「太公望」を読みました。 | トップページ | 手術、その後 »

「ダヴィンチ・コード」を読みました

ダ・ヴィンチ・コード(上) Book ダ・ヴィンチ・コード(上)

著者:ダン・ブラウン
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

図書館の予約ではいまだに200番台。何年後になる事やら・・・・。知人から借りて読みました。映画の方は以前に見ました。まぁまぁ、面白かったんだけど、宣伝がお祭り騒ぎの様になってたので”そこまでする程では・・・・”という感じでした。

読んで・・・・これは絶対本の方が面白い!!書いている内容は史実に基づいたもので、キリスト教の問題も深いんだけど、文体は赤川次郎ばりに読みやすい。あちらこちらに「へぇ」のトリビアがちりばめられており(古っ)、「知っ得」感満点。ハードカバーでタイムリーに読んだ人なら周りの人に「知ってる?ディズニーってさぁ」と話したくなったのでは?

本をまず読んで、ガイド代わりに映画を見るといい感じかも。ラングドン教授は小説で読んだ印象の方がイケメンっぽい。ソフィー役のオドレイ・トトゥは可愛くて好きだけど(アメリ可愛かった!!)こちらも本の方が力強くてタフそうな印象。ただ、キーアイテムになる”クリプテックス”は映画で見たほうが「これかぁ」と分かりやすかった。

これ読んでからルーブル美術館行けたら楽しいだろうな。

|

« 「太公望」を読みました。 | トップページ | 手術、その後 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ダヴィンチ・コード」を読みました:

« 「太公望」を読みました。 | トップページ | 手術、その後 »