« 天王寺動物園の駐車場 | トップページ | 結婚記念日 »

「嘘つきアーニャの真っ赤な真実」を読む

嘘つきアーニャの真っ赤な真実 Book 嘘つきアーニャの真っ赤な真実

著者:米原 万里
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ロシア語通訳の第一人者である米原さんのエッセイ。

出版社/著者からの内容紹介
1960年プラハ。マリ(著者)はソビエト学校で個性的な友達と先生に囲まれ刺激的な毎日を過ごしていた。30年後、東欧の激動で音信の途絶えた3人の親友を捜し当てたマリは、少女時代には知り得なかった真実に出会う!
(アマゾンより)

マリの父は共産党員でプラハの共産党出先機関である「平和と社会主義の諸問題」という雑誌の編集局に勤務していた。プラハのソビエト学校には大使の娘や政権幹部の子供が通っていて、それぞれに「お国事情」を抱えている。

まず、ノンフィクションという事に驚いた。ミステリじゃなくこんな面白い本、あまりないかも。書いてある事はとても深く、事実に基づいた体験にはとても重みがある。でも、著者の人柄か友達を描く目線に温かみがあってとても読みすすめやすい。こんな特異な体験をした人に文才があって良かった!と思う本。

3人の友達それぞれとのエピソードと再会までが書かれているが、表題の「アーニャ」はすごい。ルーマニアのチャウシェスク政権の幹部の娘で特権階級の贅沢三昧をしておきながら、「私の親はブルジョア階級と戦ってる」と信じ、政権崩壊後はイギリス人と国際結婚して「私はイギリス人よ」とあっさり言ってのける。

マリ(著者)が 

「待たんかい、ルーマニアの人が不幸のどん底にいるのに何も思わんの?そもそも国際結婚なんか出来たのは労働者階級を搾取して甘い汁吸ってたからちゃうん?」(大阪弁言うはずないけど、読んでた私も思わず問い詰めたくなった)、と問うと

「そういう狭い民族主義が世界を不幸にする」

とアーニャはきっぱりと言ってのける。思い込みって恐ろしい。幼い頃からの教育と元来の性格が重なるとこうも思い込めるものかと思う。(彼女の兄は特権階級を恥じて別の暮らしをしていたし)

でも、こうやって100%思い込める人は幸せだと思う。半信半疑だと自分の中での矛盾で苦しむことになると思うし。

アーニャの話を読んで、よくテレビで映る平日、百貨店を腕を組んで買い物三昧の母娘を連想したけど、私だけかなぁ。。

新聞が苦手な人でも読みやすく、新聞より事実に近い感覚を得られるんじゃないかな、学校の授業とかで読めばいいのになぁ、と思った1冊だった。

|

« 天王寺動物園の駐車場 | トップページ | 結婚記念日 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「嘘つきアーニャの真っ赤な真実」を読む:

« 天王寺動物園の駐車場 | トップページ | 結婚記念日 »