« アメリカンアイドル シーズン6 | トップページ | 「ガダラの豚」を読みました »

東大教官がすすめる100冊

わたしが知らないスゴ本は、きっとあなたが読んでいるというサイトで2007年度のランキングを見せてもらった。多分とっても有名なHPで(ランキングにもよく出てるし)書評も面白くてよく読ませてもらってる。

実際に本の感想を書いてみると自分の文章力のなさに愕然とする。読んでいると書けそうなのに、本の内容を簡潔に説明し、自分の感想をうまく表現するのは難しい。こんなに本を読めばちっとはマシになろうか、と2006年のランキングを見て何冊か挑戦した。

  • カラマーゾフの兄弟・・・・読んでる途中。新訳なので思ったより読み進めやすい
  • 蝉しぐれ・・・・しぶーい。主人公に惚れちゃいそう。
  • 不滅・・・・撃沈。レベル足らずで無念。
  • 大聖堂・・・・面白かった!出てくる登場人物が自然に頭の中で想像できて勝手に映像化されていく感じ。一気に読み終えたら、面白い長編映画をみた気分になった。

まだこれだけ。他のはレビュー見てるだけでも怖気づいてなかなか手が出せず。経験値貯めな無理かな。

今年のランキングには高村薫さんや塩野七生さんがあげられてた。「蒼穹の昴」も今読んでいる途中(面白い!)なんか嬉しいぞ。

更新が楽しみなブログです♪

|

« アメリカンアイドル シーズン6 | トップページ | 「ガダラの豚」を読みました »

おすすめサイト」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東大教官がすすめる100冊:

« アメリカンアイドル シーズン6 | トップページ | 「ガダラの豚」を読みました »