« 子供の寝かしつけ | トップページ | 出産祝い »

「一夢庵風流記」を読む

Book 一夢庵風流記

著者:隆 慶一郎
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

を読みました(画像はないみたい)。戦国時代の末期、世間のしがらみには一切捕らわれず、自分の決めた道を爆進する天下の傾奇者前田慶次郎の物語(実在の人物)です。

内容(「BOOK」データベースより)
戦国末期、天下の傾奇者として知られる男がいた。派手な格好と異様な振る舞いで人を驚かすのを愉しむ男、名は前田慶次郎という。巨躯巨漢で、一度合戦になるや、朱色の長槍を振り回し、敵陣に一人斬り込んでいく剛毅ないくさ人であり、当代一流の風流人でもあった。そして何より、自由を愛するさすらい人でもあった。故あって、妻子を置き旅に出た男の奔放苛烈な生き様を描く時代長編。

やる事は破天荒(に見える)で、後先考えていない様に見られる、でも慶次郎の物の判断の基準は常に自分の中で定まっていて、そのぶれない所が潔いんだと思う。

男同士の友情盛りだくさんで、男の人の方が好きかもしれない。ジャンプだかマガジンだかに連載されていたし。(その時も時々面白いなぁ、と読んでいた)殴ったり、斬ったりが沢山でてくるので(戦国時代じゃあたり前か)

 「慶二、それは痛いよ~ やり過ぎ」

と女の人なら思ってしまうかも。でも、「まつ」との恋愛は女の人はうっとりしてしまうなぁ。慶二みたいな人がいたらそりゃ惚れちゃうよ。ただ、「利家とまつ」の印象とはかなり違う。おしどり夫婦ちゃうかった?!あれ?

史実がどちらか知らないけど、それでもロマンがあって、男気があって。とてもいい本だと思う。息子が大きくなったら読んで欲しいな。(漫画先に読んじゃうかな)

隆慶一郎作品では吉原御免状 もお勧めです。私はこっちの方が好きかも。

|

« 子供の寝かしつけ | トップページ | 出産祝い »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「一夢庵風流記」を読む:

« 子供の寝かしつけ | トップページ | 出産祝い »